スイーツ系(コンビニ以外)

【実食】2021年の予想流行スイーツにノミネートされている台湾発祥の人気スイーツ「台湾カステラ」を食べてみました!日本のカステラとの違いや気になるカロリーや価格等も

今現在SNSやニュースで話題のスイーツといえば、「台湾カステラ」!今回は大手スーパーで販売していたBaby Magicの台湾カステラを食べてみました♪

そもそも『台湾カステラ』とは? 日本カステラとは何が違う?

台湾カステラとは2017年頃に台湾の港町で発祥した日本のカステラのようなスイーツです!

日本カステラと台湾カステラの違いは、日本のカステラの原料には「蜂蜜」や「ざらめ糖」が使われているのに対して台湾カステラは基本使われていないのが大きな特徴であり、また焼き方も日本のカステラはオーブンで焼かれるのに対して、台湾カステラは湯銭焼きで加熱している事が多いようです。

台湾カステラを実食してみます!

ぽんきち
ぽんきち

今回頂くのは原料にこだわりがある事で知られている「Baby Magic」の台湾カステラです♪

ぽんきち
ぽんきち

開けた瞬間、生クリームのミルクの匂いが仄かに漂います。

クリームがカステラから普通にはみ出してて凄くボリューミーです!!

僕だけで食べれるかな…?

ぽんきち
ぽんきち

生クリームのくどくない甘さは、量が多くても普通にペロリといけちゃいます!

そして一番美味しいのがやっぱりカステラ! しっとりしていてふんわりしたカステラの食感は、やみつきになります!

確かにこのふんわり感は日本のカステラでは味わえないです。

完食

ぽんきち
ぽんきち

とても美味しかった!

程よい甘さの生クリームとしっとり食感のカステラがとてもマッチしていました!

またスーパーで売ってたら買いたい程です♪

気になるカロリーやお値段!

カロリーは100gあたり

カロリー305カロリー
たんぱく質6g
脂質18.7g
炭水化物27.5
食塩相当量0.2g

となり、またお値段の方が本体価格298円税込価格322円でした。 このボリューム感で税込322円はとても安いと思います♪

最後に

今回は大手スーパーで「台湾カステラ」を買いましたが、実際はおうちで作ってる人も多いみたいです。

材料さえあれば、30分以内で作れるお菓子みたいなので自分も今度作ってみようと思います♪

最後まで見て頂きありがとうございました!